利用規約

dカーシェア利用規約

株式会社NTTドコモ(以下「当社」といいます)は、このdカーシェア利用規約(以下「本規約」といいます)を定め、これにより本サービスを提供します。

第1章 総則

第1条(規約の適用)

本規約は、本サービスの利用に関する当社との間の一切の関係に適用されます。お客さまが本規約の内容に同意しない場合、本サービスを利用することはできません。

第2条(定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意味は、当該各号に定める通りとします。

  1. 「本サービス」とは、当社が「dカーシェア」の名称で提供する、お客さまがレンタカーサービス若しくはカーシェアリングサービスの貸渡車両、又は個人間での共同使用の対象となる共同使用車両の中から、自身が借受又は共同使用を希望する車両を選択し、貸渡事業者に対する貸渡契約の予約申込み又は他の本サービス契約者との間で共同使用契約等の締結を行うための場を提供するプラットフォームサービスであり、第3条第1項に定める各機能の提供を内容とするものをいいます。
  2. 「対象回線契約」とは、当社が定めるFOMAサービス契約約款又はXiサービス契約約款に基づく回線契約をいいます。
  3. 「当社回線契約者」とは、当社と対象回線契約を締結しているお客さまをいいます。
  4. 「非回線契約者」とは、当社回線契約者以外のお客さまをいいます。
  5. 「本サービス利用契約」とは、第4条に基づき当社とお客さまとの間で成立する本サービスの利用に係る契約をいいます。
  6. 「本サービス契約者」とは、当社との間で本サービス利用契約を締結したうえで、本サービスを利用するお客さまをいいます。
  7. 「指定アプリ」とは、本サービスに対応するスマートフォン又はタブレット端末用のアプリケーションソフトウェアをいいます。
  8. 「指定ポータルサイト」とは、本サービスを提供する目的で当社が運営するインターネットウェブサイトをいいます。
  9. 「契約約款等」とは、FOMAサービス契約約款及びXiサービス契約約款、spモードご利用規則及びspモードご利用細則のうち、本サービスのご利用にあたり適用されるものをいいます。
  10. 「dアカウント規約」とは、当社が別に定める「dアカウント規約」をいいます。
  11. 「dポイントクラブ会員規約」とは、当社が別に定める「dポイントクラブ会員規約」をいいます。
  12. 「本規約等」とは、本規約、契約約款等、dアカウント規約及びdポイントクラブ会員規約の総称をいいます。
  13. 「カーシェアリングサービス」とは、会員制により、所定の保管場所(カーステーション)に保管されているカーシェアリング車両を貸渡し、会員がこれを借受るサービスをいいます。
  14. 「カーシェア事業者」とは、当社が別に定める、カーシェアリングサービスの提供事業者をいいます。
  15. 「カーシェア貸渡契約」とは、カーシェア事業者がその貸渡約款等に基づき本サービス契約者との間で締結する、カーシェアリング車両に係る個別の貸渡契約をいいます。但し、当社が別に定める料金プランを対象とするものに限ります。
  16. 「カーシェア利用予約」とは、カーシェア事業者に対して行うカーシェア貸渡契約に係る予約をいいます。
  17. 「カーシェア利用料等」とは、本サービス契約者が、本サービスを利用した利用予約に基づき支払うべき予約取消手数料、及び当該利用予約により成立したカーシェア貸渡契約に基づき支払うべき貸渡料金、違約料、ノンオペレーションチャージ、違反金その他の料金をいいます。
  18. 「レンタカー事業者」とは、当社が別に定める、レンタカーサービスの提供事業者をいいます。
  19. 「レンタカー貸渡契約」とは、レンタカー事業者がその貸渡約款等に基づき本サービス契約者との間で締結する、レンタカー車両に係る個別の貸渡契約をいいます。
  20. 「レンタカー利用予約」とは、レンタカー事業者に対して行うレンタカー貸渡契約に係る予約をいいます。
  21. 「レンタカー利用料等」とは、本サービス契約者が、本サービスを利用した利用予約に基づき支払うべき予約取消手数料、及び当該利用予約により成立したレンタカー貸渡契約に基づき支払うべき貸渡料金、違約料、ノンオペレーションチャージ、違反金その他の料金をいいます。
  22. 「貸渡契約」とは、カーシェア貸渡契約又はレンタカー貸渡契約をいいます。
  23. 「貸渡約款等」とは、貸渡事業者が定めるサービス約款、プライバシーポリシーその他の条件の総称をいいます。
  24. 「貸渡事業者」とは、カーシェア事業者及びレンタカー事業者をいいます。
  25. 「貸渡事業者等」とは、貸渡事業者及び予約システム事業者(当社が別に指定する、当社とレンタカー事業者の間を接続し、レンタカーサービスの予約システムを提供する事業者をいいます)をいいます。
  26. 「共同使用」とは、共同使用者間において、共同使用車両の使用及び管理に関する実質的な権限と責任(費用等の負担を含む)を分担し、一つの共同使用車両を、共同で使用する行為をいいます。
  27. 「共同使用契約」とは、本サービスを利用して本サービス契約者の間で成立する、共同使用に係る契約をいいます。
  28. 「車両提供者」とは、本サービス契約者のうち、共同使用の目的で自己又は関係所有者が所有する自家用自動車を提供し、その所有者として当社に登録された者をいいます。
  29. 「共同使用車両」とは、車両提供者が共同使用の目的で当社に登録した自家用自動車の車両をいいます。
  30. 「車両使用者」とは、本サービス契約者のうち、本サービスを利用して車両提供者との間で共同使用契約を締結し、共同使用車両を共同使用する者をいいます。
  31. 「共同使用者」とは、本サービスを利用して成立した共同使用契約の当事者である車両提供者及び車両使用者をいいます。
  32. 「オーナー設定条件」とは、車両提供者が、共同使用車両の登録に際して設定する、共同使用車両に関する情報、共同使用料等、車両受渡場所、給油条件その他共同使用に係る設定条件をいいます。
  33. 「個別使用予約」とは、共同使用者間で成立する、共同使用契約に基づく共同使用車両に係る個別の使用予約をいい、共同使用契約とあわせて、以下「共同使用契約等」といいます。
  34. 「共同使用料等」とは、個別使用予約に基づき車両使用者が支払うべき共同使用料及びキャンセル料をいいます。
  35. 「プラットフォーム利用料」とは、個別使用予約が成立した場合に、車両提供者が本サービス利用の対価として支払うべき利用料をいいます。
  36. 「保険会社」とは、東京海上日動火災株式会社をいいます。
  37. 「損害保険契約」とは、保険会社を引受保険会社、当社を保険契約者、車両使用者又は車両使用者が本規約に基づき指定した補助運転者を被保険者とする自動車保険契約をいい、当社が別に定めるものをいいます。
  38. 「ユーザレビュー」とは、共同使用者が本サービスを利用して投稿する、共同使用の相手方に関する評価及び感想等の情報をいいます。
  39. 「車両使用契約」とは、貸渡契約及び共同使用契約等の総称をいいます。
  40. 「本クーポン」とは、当社が任意に発行するクーポンであって、本規約及び当社がクーポン毎に個別に別に定める条件に従い、本サービス契約者が、本サービスを利用して成立した、(a)カーシェア利用予約若しくはレンタカー利用予約、(b)当該利用予約により成立した貸渡契約、又は(c)共同使用契約等に基づき発生した料金のうち、当社が別に定めるものの支払いに利用できるものをいいます。
  41. 「チャット機能」とは、指定アプリ上で、本サービス契約者間において、共同使用契約等の締結及びその履行のために、メッセージのやり取りを行う機能をいいます。
  42. 「評価機能」とは、指定アプリ及び指定ポータルサイト上で、本サービス契約者間において、共同使用に関する相互評価を行い、ユーザレビューを投稿する機能をいいます。

第2章 本サービス利用契約

第3条(本サービスの内容)

  1. 本サービスは、本サービス契約者に対して、次の各号に掲げる機能を提供することを内容とします。なお、各機能の詳細は本規約に定める他、別途当社が定めるところによるものとします。
    1. 指定アプリ及び指定ポータルサイト上で、本サービス契約者からカーシェア事業者に対するカーシェア貸渡契約に係る予約申込みの受付等を行う機能(以下「カーシェア利用予約サービス」といい、その詳細は第3章に定めるものとします)
    2. 指定アプリ及び指定ポータルサイト上で、本サービス契約者からレンタカー事業者に対するレンタカー貸渡契約に係る予約申込みの受付等を行う機能(以下「レンタカー利用予約サービス」といい、その詳細は第4章に定めるものとします)
    3. 指定アプリ上で、本サービス契約者間において、共同使用車両の共同使用を行うことを目的として、共同使用契約等を締結するための機能(以下「マイカーシェアサービス」といい、その詳細は第5章に定めるものとします)
    4. 本サービスを利用した利用予約及び当該利用予約により成立したカーシェア貸渡契約に基づき本サービス契約者が支払うべきカーシェア利用料等、又は本サービスを利用した個別使用予約に基づき本サービス契約者が支払うべき共同使用料等の決済を行う機能(詳細は第6章に定めるものとします)
    5. その他、前各号に掲げる機能に付帯する機能
  2. 本サービスのご利用には、次の各号に掲げる場合に応じて、dアカウント規約に基づき当社が発行したID及びパスワード(以下総称して「dアカウント等」といいます)が必要です。
    1. 当社回線契約者の場合:dアカウント規約に基づき当社が発行したドコモ回線dアカウント(以下「ドコモ回線dアカウント」といいます)のID及びパスワード
    2. 非回線契約者の場合:dアカウント規約に基づき当社が発行したキャリアフリーdアカウント(以下「キャリアフリーdアカウント」といいます)のID及びパスワード
  3. 本サービスのご利用には、本サービスに対応した機器(以下「対応デバイス」といいます)が必要です。対応デバイスであっても、機種によっては一部の機能をご利用いただけない場合があります。

第4条(本サービス利用契約の成立)

  1. 本サービスの利用を希望する者(以下「申込者」といいます)は、本規約の内容に同意のうえ、所定の方法により、本サービス利用契約の申込みを行うものとします。
  2. 申込者が未成年者である場合は、本サービス利用契約の申込みについて法定代理人(親権者又は未成年後見人をいい、以下同じとします)の事前の同意を得ている場合に限り本サービスをご利用いただくことができます。但し、未成年者である本サービス契約者は、本規約の他の定めに拘わらず、本サービスを利用して共同使用を行うことはできず、第5章に定める一切の機能を利用することはできません。
  3. 当社は、申込者に対して、第1項の申込みの内容に関する事実を確認するための書類の提示又は提出(電磁的方法による送信を含み、以下同じとします)を求める場合があり、申込者はこれに応じるものとします。当該書類の提出等に係る費用は、申込者の負担とします。なお、本サービス契約者は、当社に提出した運転免許証に変更があった場合は、その都度、当社所定の方法により当該変更後の書類を当社に提出するものとします。
  4. 当社は、次の各号に掲げる事項のいずれかに該当すると当社が判断したときは、当該申込者からの申込みを承諾しない場合があります。
    1. 申込者が前条第2項に定めるdアカウント等をお持ちでないとき
    2. 申込者が個人以外であるとき
    3. 申込みの内容に不備があり、若しくはその内容が事実に反しているとき、又はそのおそれがあるとき
    4. 申込者が成年被後見人、被保佐人又は被補助人のいずれかであるとき
    5. 申込者が未成年者である場合で、その法定代理人の同意を得ている事実を当社が確認できないとき
    6. 申込者が都道府県の公安委員会が交付する日本国内で有効な運転免許証(道路交通法に定める大型免許(第一種・第二種)、中型免許(第一種・第二種)、準中型免許(第一種)又は普通免許(第一種・第二種)をいいます)の発行を受けている事実を当社が確認できないとき
    7. 申込者が第30条第1項に定める利用料金等その他の当社に対する債務(当社がその債権を第三者に譲渡した債務を含みます。以下同じとします。)の弁済を現に怠り、又は怠るおそれがあるとき
    8. 申込者が第34条(禁止事項)の定めに違反するおそれがあるとき
    9. 申込者が当社により本サービスの利用を停止され、又は本サービス利用契約を解約されたことがあるとき
    10. 申込者が本規約に定める本サービス契約者としての義務を遵守しないおそれがあるとき
    11. 申込者が、貸渡事業者の貸渡約款等に違反したことがあるとき、又はそのおそれがあるとき
    12. 申込者が第45条(反社会的勢力の排除)の定めに違反するおそれがあるとき
    13. 当社の業務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき
  5. 当社は、第1項に基づく申込者からの申込みを受けた場合、審査のうえ、所定の方法により、本サービス利用契約の申込みに対する諾否を通知します。当社から、契約の成立をお知らせするメッセージR若しくは電子メールを申込者に送付した時点、又は申込者の指定アプリ若しくは指定ポータルサイト上で当該契約の成立が確認可能となったいずれか先の時点で、当該申込者と当社との間に本サービス利用契約が成立し、その効力を生じるものとします。

第5条(認証等)

  1. 本サービス契約者による本サービスのご利用に際して、当社は、次の各号に定める方法のうち当社が指定する方法により本サービス契約者を認証します。認証ができない場合、本サービス契約者は本サービスを利用できません。なお、dアカウント等のご利用条件はdアカウント規約に定めるところによります。
    1. 当社回線契約者の場合
      1. 本サービスにアクセスされている契約回線を認証する方法(本サービス契約者がspモード契約者である場合であって、spモードを利用してアクセスされた場合)
      2. ドコモ回線dアカウントのID及びパスワードにより認証する方法
      3. 上記②の認証がなされた際に当社が管理するサーバから発行されたCookieにより認証する方法
    2. 非回線契約者の場合
      1. キャリアフリーdアカウントのID及びパスワードにより認証する方法
      2. 上記①の認証がなされた際に当社が管理するサーバから発行されたCookieにより認証する方法
  2. 第1項のいずれかの方法で認証された場合、当社及び貸渡事業者は認証後の本サービスの利用を本サービス契約者本人の利用とみなすことができるものとします。
  3. 本サービス契約者は、dアカウント等及びそれらを入力したことのある対応デバイス並びに第1項第1号②及び第2号②に定めるCookieが保存されている対応デバイス(以下総称して「認証キー」といいます)を厳重に管理するものとし、第三者に譲渡、貸与その他利用させてはなりません。認証キーの管理不十分、利用上の過誤又は第三者による不正利用等については、本サービス契約者が一切の責任を負い、当社は責任を負いません。

第3章 カーシェア利用予約サービス

第6条(カーシェア貸渡契約の予約申込み)

  1. 本サービス契約者は、本サービスを利用して、カーシェア事業者に対し、カーシェア利用予約の申込みを行うことができます。
  2. 本サービス契約者が、カーシェア利用予約の申込みを希望する場合、当社所定の方法に従い、カーシェア事業者が提供するカーシェアリングサービスへ入会する必要があります。カーシェアリングサービスの入会の申込みは、事前にカーシェア事業者の貸渡約款等の内容に同意のうえ、指定アプリ又は指定ポータルサイト上で行う必要があります。当該入会申込みを行った本サービス契約者が、カーシェア事業者の承認を受けた場合、本サービス契約者とカーシェア事業者との間でカーシェア事業者の貸渡約款等に基づく入会契約が成立し、入会手続きは完了します。なお、本サービス契約者からの入会契約の解約は、第37条に定める本サービス利用契約の解約という手段においてのみ、これを行うことができます。入会契約のみを解約することはできません。
  3. 本サービス契約者が、カーシェア利用予約の申込みを行うことを希望する場合、当社所定の方法に従い、指定アプリ又は指定ポータルサイト上で当該申込みを行う必要があります。本サービス契約者は、当該カーシェア利用予約の申込みに際して、当社所定の事項につき真実かつ正確なデータを入力のうえ、第30条第1項に定める支払手段を選択するものとします。当社は、所定の項目の入力がなされたこと、及び選択された支払手段が利用可能であることを確認できた時点で、本サービス契約者によるカーシェア利用予約の申込み内容をカーシェア事業者に対して送付します。当該送付の時点で、本サービス契約者によるカーシェア利用予約の申込みが完了します。
  4. 当社は、前項に定めるカーシェア利用予約の申込みをカーシェア事業者が承諾した場合、カーシェア事業者に代わり本サービス契約者に対してカーシェア利用予約完了の通知を行います。当該カーシェア利用予約は、当社より予約完了を通知するメッセージR若しくは電子メールを本サービス契約者に送信した時点、又は本サービス契約者の指定アプリ若しくは指定ポータルサイト上で当該予約完了が確認可能となったいずれか先の時点で成立します。
  5. 本サービス契約者は、前項により成立したカーシェア利用予約に基づき、カーシェア事業者の間でカーシェア貸渡契約を締結することができます。本サービス契約者が、当該カーシェア貸渡契約を締結するためには、カーシェア事業者が別に定めるICカード又は非接触ICチップを搭載した携帯端末が必要となり、またカーシェア事業者の貸渡約款等に従って所定の手続きを行う必要があります。なお、当該ICカード等の利用方法については、カーシェア事業者が別に定めるものとします。

第7条(カーシェア利用予約又はカーシェア貸渡契約の取消又は変更)

  1. 本サービス契約者は、指定アプリ又は指定ポータルサイト上で、前条第4項に基づき成立したカーシェア利用予約の取消若しくは変更、又は前条第5項により成立したカーシェア貸渡契約の変更の申込みを行うことができます。但し、本サービス契約者が指定アプリ又は指定ポータルサイト上で行うことができる変更等の手続きは、(a)ご予約された利用期間の開始前は、利用期間その他当社が別に定める借受条件に係る変更手続き、また(b)当該利用期間の開始後(ご予約された利用期間の開始前にカーシェアリング車両の利用を開始された場合も同様とします)は、利用期間の延伸に係る変更手続きに限られ、それ以外の変更手続きを行うことはできません。なお、当社は、本条に定める方法以外の方法により、カーシェア利用予約の取消又は変更を受付けることはできません。
  2. 本サービス契約者は、前項の定めに従い、カーシェア利用予約の取消若しくは変更又はカーシェア貸渡契約の変更を希望する場合、当社所定の方法によりその申込みを行う必要があります。当社は、当該申込みの受付けを行いますが、実際に取消又は変更の効力が生じるためには、当該申込みがカーシェア事業者により承諾される必要があります。カーシェア事業者が当該申込みを承諾した場合、当社は、本サービス契約者に対して手続き完了の通知を行います。なお、当該取消又は変更の成立時期は、前条第4項の定めに準じるものとします。
  3. 本サービス契約者は、前各項に定める方法のほか、カーシェア事業者所定の方法により、カーシェア事業者に直接連絡を行うことにより、前条第4項に基づき成立したカーシェア利用予約又は前条第5項により成立したカーシェア貸渡契約の取消若しくは変更を行うことができます。但し、本項に基づく変更の場合、指定アプリ又は指定ポータルサイト上では当該変更内容のうち当社が別に定める内容は反映されませんのでご注意ください。
  4. カーシェア事業者が定める貸渡約款等の条件より、前各項に基づく取消又は変更の申込みがカーシェア事業者により承諾されない場合があります。

第8条(カーシェア利用料等の支払い)

  1. 本サービス契約者は、第6条第4項により成立したカーシェア利用予約及び第6条第5項により成立したカーシェア貸渡契約に基づき支払うべきカーシェア利用料等を、第30条の定めに従い当社に対して支払うものとします。
  2. 本サービス契約者がカーシェア利用予約の取消又は変更を行った場合(貸渡約款等で定める手続きが所定の時期までに行われず、当該利用予約が取消された場合を含みます)、貸渡約款等に基づき予約取消手数料その他料金の支払い義務が発生する場合があります。また、本サービス契約者が、カーシェア事業者が定める貸渡約款等に違反した場合、カーシェア事業者によりカーシェア貸渡契約が解除され、当該貸渡約款等に定める違約金その他料金の支払義務が発生する場合があります。これらの場合、本サービス契約者は、第30条に従い当該料金を当社に対して支払うものとします。
  3. 当社は、カーシェア事業者から提供される料金請求データに基づき、カーシェア事業者に代わり、前各項に定めるカーシェア利用料等の請求を行うものとします。なお、本サービス契約者は、カーシェア利用料等を、カーシェア事業者に対し、直接支払うことはできません。

第9条(問い合わせ等)

カーシェアサービスは、カーシェア利用予約及び貸渡契約に基づき、カーシェア事業者が本サービス契約者に対し提供するサービスです。当社は、カーシェア利用予約及び貸渡契約の契約当事者とはなりません。そのため、カーシェア事業者の提供するカーシェアサービス及び貸渡約款等に関する問い合わせ、要望又は苦情等がある場合、本サービス契約者はカーシェア事業者に対して直接行うものとします。

第4章 レンタカー利用予約サービス

第10条(レンタカー利用予約に係る予約申込み)

  1. 本サービス契約者は、本サービスを利用して、レンタカー事業者に対し、レンタカー利用予約の申込みを行うことができます。
  2. 本サービス契約者が、レンタカー利用予約の申込みを希望する場合、当社所定の方法に従い、事前にレンタカー事業者の貸渡約款等の内容に同意のうえ、指定アプリ又は指定ポータルサイト上で当該申込みを行う必要があります。本サービス契約者は、当該レンタカー利用予約の申込みに際して、当社所定の事項につき真実かつ正確なデータを入力するものとします。当社は、所定の項目の入力がなされたことを確認できた時点で、本サービス契約者によるレンタカー利用予約の申込み内容をレンタカー事業者に対して送付します。当該送付の時点で、本サービス契約者によるレンタカー事業者に対するレンタカー利用予約の申込みが完了します。
  3. 当社は、前項に定めるレンタカー利用予約の申込みをレンタカー事業者が承諾した場合、レンタカー事業者に代わり本サービス契約者に対してレンタカー利用予約完了の通知を行います。当該レンタカー利用予約は、当社より予約完了を通知するメッセージR若しくは電子メールを本サービス契約者に送信した時点、又は本サービス契約者の指定アプリ若しくは指定ポータルサイト上で当該予約完了が確認可能となったいずれか先の時点で成立します。
  4. 本サービス契約者は、前項により成立したレンタカー利用予約に基づき、レンタカー事業者との間でレンタカー貸渡契約を締結することができます。本サービス契約者が、当該レンタカー貸渡契約を締結するためには、レンタカー事業者の貸渡約款等に従った所定の手続きを行う必要があります。

第11条(レンタカー利用予約又はレンタカー貸渡契約の取消又は変更)

  1. 本サービス契約者は、指定アプリ又は指定ポータルサイト上で、前条第3項に基づき成立したレンタカー利用予約の取消若しくは変更の申込みを行うことができます。但し、指定アプリ又は指定ポータルサイト上での変更等の手続きは、ご予約された利用期間の開始前になされる必要があり、またその対象は利用期間その他当社が別に定める借受条件に限られ、それ以外の変更の申込みを行うことはできません。また、指定アプリ上での取消の申込みは、午前0時までに手続が完了した場合のみ、当日扱いでの取消となり、午前0時までに手続が完了しなかった場合には、翌日以降の取扱いでの取消になります。
  2. 本サービス契約者は、前項の定めに従い、レンタカー利用予約の変更を希望する場合、当社所定の方法によりその申込みを行う必要があります。当社は、当該申込みの受付けを行いますが、実際に取消又は変更の効力が生じるためには、当該申込みがレンタカー事業者により承諾される必要があります。レンタカー事業者が当該申込みを承諾した場合、当社は本サービス契約者に対して手続き完了の通知を行います。当該取消又は変更の成立時期は、前条第3項の定めに準じるものとします。
  3. 本サービス契約者は、第各項に定める方法のほか、レンタカー事業者所定の方法により、レンタカー事業者に直接連絡を行うことにより、前条第3項に基づき成立したレンタカー利用予約又は前条第4項により成立したレンタカー貸渡契約の取消又は変更を行うことができます。但し、この場合指定アプリ又は指定ポータルサイト上では当該取消又は変更の内容は反映されませんのでご注意ください。
  4. レンタカー事業者が定める貸渡約款等の条件より、前各項に基づく取消又は変更の申込みがレンタカー事業者により承諾されない場合があります。

第12条(レンタカー利用料等の支払い)

  1. 本サービス契約者は、第10条第3項により成立したレンタカー利用予約及び第10条4項により成立したレンタカー貸渡契約に基づき支払うべきレンタカー利用料等を、レンタカー事業者が定める方法により、レンタカー事業者に対して直接支払うものとします。本サービス契約者は、当該レンタカー料金等の支払いの際に、第30条第4項に基づくdポイント利用又は同条第7項に基づく本クーポンを利用することができます。なお、dポイント利用又は本クーポンのご利用に関する手続きを除き、レンタカー利用料等の請求及び支払に係る事務処理はレンタカー事業者の責任において実施されるものとし、当社はこれらについて本サービス契約者に対し一切の責任を負わないものとします。
  2. 本サービス契約者がレンタカー利用予約の取消又は変更を行った場合(貸渡約款等で定める手続きが所定の時期までに行われないため取消された場合を含みます)、貸渡約款等に基づき予約取消手数料その他料金の支払い義務が発生する場合があります。また、本サービス契約者が、レンタカー事業者が定める貸渡約款等に違反した場合には、レンタカー事業者によりレンタカー貸渡契約が解除され、当該貸渡約款等に定める違約金その他料金の支払義務が発生する場合があります。これらの場合、本サービス契約者は、前項に従い当該料金をレンタカー事業者に対して直接支払うものとします。

第13条(問い合わせ等)

レンタカーサービスは、レンタカー利用予約及びレンタカー貸渡契約に基づき、レンタカー事業者が本サービス契約者に対し提供するサービスです。当社は、レンタカー利用予約及びレンタカー貸渡契約の契約当事者とはなりません。レンタカー事業者の提供するレンタカーサービス及び貸渡約款等に関する問い合わせ、要望又は苦情等がある場合、本サービス契約者はレンタカー事業者に対して直接行うものとします。

第5章 マイカーシェアサービス

第14条(共同使用)

  1. 本サービス契約者は、本サービスを利用して、他の本サービス契約者との間で共同使用契約を締結し、共同使用車両を共同使用することができます。なお、本サービス契約者は、その選択により車両提供者としての立場において、又は車両使用者としての立場において共同使用契約を締結することができます。本章各条の規定は、本サービス契約者が選択した立場に基づき、それぞれ本サービス契約者に対し個別に適用されるものとします。
  2. 本サービス契約者が、本サービスを利用し、共同使用車両の共同使用を行うためには、各共同使用者間で、以下に定める手続きを全て実施することが必要となります。なお、各手続きの具体的な内容については次条乃至28条に定めるものとします。
    1. 車両提供者が、予め共同使用車両の登録を行うこと
    2. 車両登録を行った車両提供者と、当該共同使用車両について共同使用を行うために車両使用者となることを希望する他の本サービス契約者の間で、共同使用契約を締結すること
    3. 共同使用者間で、共同使用契約に基づき都度、個別使用予約を行うこと
    4. 共同使用者間で、個別使用予約に基づき共同使用車両の受渡及び返却等を行うこと
    5. 本規約及び個別使用予約の合意に基づき、各共同使用者が共同使用料等、保険料相当額及びプラットフォーム利用料の支払いを行うこと

第15条(共同使用車両の登録)

  1. 本サービス契約者は、予め車両提供者が登録した共同使用車両に限り、本サービスを利用して、共同使用することができます。
  2. 本サービス契約者は、車両提供者として、車両使用者との間で共同使用契約を締結することを希望する場合には、当社所定の手続きにより、指定アプリ上で共同使用車両の登録を行うものとします。但し、本サービスにおいて、次の各号のいずれかに該当する車両は共同使用車両として登録することができません。
    1. 自家用自動車のうち乗車定員10人以下の普通自動車、小型自動車又は軽四輪自動車以外のもの
    2. 自動車登録番号標(ナンバープレート)の平仮名が「わ」又は「れ」であるもの
    3. 自動車検査証の有効期間が徒過したもの
    4. 自己の所有する自動車以外のもの(但し、車両の所有者が(a)当該本サービス契約者の2親等以内の親族である場合、又は(b) 当該本サービス契約者に対する金銭消費貸借の担保のために所有権を留保し若しくは担保のために所有権の譲渡を受けた者であり、かつ、当該(a)又は(b)に定める所有者が本サービスの共同使用車両として提供することについて同意し、当該同意が撤回又は取消されていない場合を除く(以下、当該車両所有者を「関係所有者」といいます))
    5. 法令、契約その他の理由により共同使用を禁じられているもの
    6. 不正に改造をしたもの又は安全な運行のできないおそれのあるもの
    7. 総走行距離数が10万キロメートルを超えるもの
    8. 損害保険契約に加入不可のもの
    9. 既に他の本サービス契約者により共同使用車両として登録されているもの
    10. その他当社が不適当と判断するもの
  3. 本サービス契約者は、前項に定める共同使用車両の登録に際して、車両使用者との間の共同使用契約の内容となるオーナー設定条件を定める必要があります。また、本サービス契約者は、当社所定の事項について真実かつ正確なデータを入力したうえで、自動車検査証その他当社が求める書類の写しを当社に対して提出(電磁的方法による送信を含む)する必要があります。
  4. 本サービス契約者は、前項に定める共同使用車両の登録に際し、個別使用予約の際に、車両使用者が負担する共同使用料を設定することができます。但し、共同使用料の設定は、車両使用者と共同使用車両に関する必要経費を分担するために認められるものであり、車両提供者は、この範囲を超えて利益を得ることは法令上認められておりません。そのため車両提供者が設定できる共同使用料には、別途当社が定める上限額があります。また、共同使用料は、原則として1日単位で設定いただく必要がありますが、車両提供者は、任意で半日(12時間)又は2日単位の料金設定を行うことも可能です。なお、車両提供者は、キャンセル料を設定することができますが、当該キャンセル料の設定には当社が別途定める条件が適用されます。
  5. 本サービス契約者は、第2項に基づく共同使用車両の登録後であっても、当該共同使用車両が、第2項各号のいずれかに該当することとなった場合には、直ちに当該共同使用車両の提供を中止し、登録の取消しを行うものとします。また、当社は、第2項に基づき登録された共同使用車両が、同項各号のいずれかに該当することと判断した場合、又はそのおそれがあると判断した場合(第2項第4号に定める関係所有者の同意が確認できない場合又は関係所有者から登録に対して異議が申立てられた場合を含みます)、車両提供者の同意なく、当該共同使用車両の登録を取消す場合があります。
  6. 本サービス契約者は、車両提供者として、本サービスにおいて複数の共同使用車両を登録することができますが、登録可能となる共同使用車両台数には当社が別途設定する上限があります。

第16条(共同使用契約の成立)

  1. 本サービス契約者が、本サービスを利用し、共同使用車両を共同使用するためには、本条の定めに従い共同使用者間で、共同使用契約を締結する必要があります。
  2. 共同使用者間で締結する共同使用契約には、車両提供者が設定するオーナー設定条件の他、以下各号の定め(以下「基本契約条件」といいます)が適用されます。各共同使用者は、基本契約条件を任意に変更することはできません。
    1. 総則
      車両使用者は、第17条の定めに従い個別使用予約が成立した場合、本項各号の定めに従い当該個別使用予約に定める期間中、共同使用車両を使用することができます。
    2. 共同使用車両の受渡し
      1. 車両提供者は、個別使用予約の内容に従い、使用開始時刻に、受渡場所にて車両使用者への共同使用車両の受渡を行うものとします。なお、車両提供者は、車両使用者へ、共同使用車両を受渡す際に、自己の費用負担により事前に満タン給油(電気自動車の場合は充電)を行うものとします(但し、個別使用予約で当該給油(電気自動車の場合は充電)が不要である旨を合意した場合を除きます)。
      2. 車両提供者が、前号に従い、車両使用者に対し共同使用車両の提供を行ったにも拘わらず、車両使用者が、共同使用車両を使用しなかった場合(使用開始時刻に、受渡場所に現れなかった場合を含みますが、これに限りません)、車両提供者は、以降当該個別使用予約に定める自己の義務を免れるものとします。なお、この場合でも、車両使用者は第6号に定める共同使用料等の支払義務を免れることはできません。
      3. 本号②の定めは、第24条第1項第2号、第4号又は第5号に該当する事由が生じ、共同使用者が、共同使用車両を使用しなかった場合は適用されません。
    3. 共同使用車両の管理
      1. 車両使用者は、個別使用予約に定める期間中、善良なる管理者の注意義務をもって共同使用車両を使用、保管するものとします。また、車両使用者は以下の行為を行わないものとします。
        1. 共同使用車両の改造その他現状を変更すること。
        2. 第三者に共同使用車両を運転させること(但し、第19条に基づき補助運転者に運転させる場合を除きます)。
        3. 通常の公道走行以外の目的で共同使用車両を運転すること(各種テスト又は競技、他車の牽引又は後押し等に使用することを含みますが、これらに限りません)。
        4. 共同使用車両を自動車運送事業又はこれに類する目的に使用すること。
        5. 共同使用車両を日本国外で使用すること。
      2. 車両使用者は、共同使用車両につき、給油を行う場合には、誤給油が生じない様に、事前に共同使用車両の車種及び給油方法等について確認のうえこれを実施するものとします。共同使用車両が電気自動車の場合、車両使用者は、電気自動車及び充電器の利用に際して、適用されるマニュアル等を遵守するものとします。また、電気自動車の特性として運転の仕方、走行距離、エアコンやオーディオ等の使用状況等により、走行可能距離が大きく変わることを了解し、早めの充電を心がけるものとします。
      3. 車両提供者は、車両使用者の通常の走行により軽微な傷等が共同使用車両に生じうることを予め承諾し、これらについて、車両使用者に対して、合理的な理由なくクレーム又は請求等を行わないものとします。
    4. 共同使用車両の点検整備
      1. 各共同使用者は、共同使用車両の点検整備義務を負います。
      2. 車両提供者は、共同使用契約の有効期間中、共同使用車両について、共同使用者間の合意に基づき、定期点検整備(道路運送車両法第48条に定める意味を有します)を実施する他、個別使用予約に基づく車両使用者による車両使用時以外の期間について、日常点検整備(道路運送車両法第47条の2に定める意味を有します)を実施するものとします。
      3. 車両使用者は、個別使用予約に基づく共同使用車両の受渡時から返却時までの間、共同使用車両について日常点検整備(道路運送車両法第47条の2に定める意味を有します)を実施するものとします。
    5. 共同使用車両の返却
      車両使用者は、個別使用予約の内容に従い、使用終了時刻までに、返却場所にて車両提供者への共同使用車両の返却を行うものとします。なお、車両使用者は、車両提供者へ、共同使用車両を返却する際に、自己の費用負担により事前に満タン給油(電気自動車の場合は充電)を行うものとします(但し、個別使用予約で当該給油(電気自動車の場合は充電)が不要である旨を合意した場合を除きます)。
    6. 共同使用料等の支払い
      車両使用者は、共同使用車両を共同使用するために、当該共同使用車両に係る必要経費を、他の共同使用者と分担する必要があります。そのため、車両使用者は、個別使用予約に際し、車両提供者が定める共同使用料等を、車両提供者に対し支払う義務を負います。車両使用者は、当該共同使用料等を、第25条の定めに従い当社に対して支払うものとします。なお、共同使用料については個別使用予約に定める使用期間の終了時、キャンセル料については個別使用予約の取消時にその内容が確定します。
    7. 事故発生時の対応等
      1. 車両使用者は、個別使用予約に基づく共同使用車両の使用時に事故が発生した場合は、直ちに運転を中止し、法令で課せられる義務を履行するとともに、車両提供者に連絡を行うものとします。また、車両使用者は、共同使用車両の使用時に駐車違反又は速度制限違反等の法令違反をした場合は、直ちに車両提供者に連絡を行うとともに、警察署に出頭して、反則金等の納付を完了するとともに、駐車違反の場合は違法駐車に伴うレッカー移動、保管等の費用を負担するものとします。
      2. 車両使用者は、個別使用予約に基づく共同使用車両の使用時に共同使用車両の盗難が発生した場合その他の被害を受けた場合は、直ちに警察に通報するとともに、車両提供者への連絡を行うものとします。
    8. 損害賠償
      各共同使用者は、共同使用契約に定める各自の役割その他の義務に違反したことにより他の共同使用者が損害を与えた場合、当該損害を賠償する責任を負うものとします。
    9. 有効期間
      1. 共同使用契約の有効期間は、共同使用契約の成立日より6ヶ月間とします。但し、当該有効期間は、次の各号のいずれに該当する場合には自動的に6ヶ月間更新されるものとし、以後も同様とします。
        1. 共同使用者間において、有効期間中に、有効期間終了後の日付を使用終了日とする個別使用予約が成立した場合
        2. 共同使用者間において、有効期間中に、有効期間終了後の日付を使用開始日とする個別使用予約が成立した場合
      2. 本号①の定めに拘わらず、本サービス利用契約が第37条各項の定めに従い終了した場合、当該終了時点で、共同使用契約も自動的に終了します。
      3. 本号①の定めに拘わらず、各共同使用者は、次の各号のいずれに該当する場合には、第8号に定める措置に加え、個別使用予約を解除することができます。
        1. 他の共同使用者に、共同使用契約に定める各自の役割その他の義務についての重大な違反があった場合
        2. 他の共同使用者に第24条第1項第2号乃至第6号、第8号又は第9号に該当する事由が生じ、共同使用を行わなかった場合
      4. 本号③に基づく個別使用予約の解除は、第29条第3項に定める当社窓口を通じて行う必要があります。
      5. 車両使用者が、本号③④に従い個別使用予約を解除した場合、個別使用予約においてキャンセル料が定められている場合であっても、車両使用者はこれを支払う義務を負いません。また、この場合、加入済みの損害保険契約は自動的に取消されます。車両使用者は、当該解除時点において損害保険契約に基づき保険料が発生している場合であっても、第23条に定める保険料相当額を支払う義務を負いません。
      6. 車両提供者が、本号③④に従い個別使用予約を解除した場合であっても、車両使用者が加入済みの損害保険契約は存続します。そのため、車両使用者は、第23条に従い保険料相当額を支払う必要があります。なお、車両提供者の解除の時期により、保険料相当額が減額される場合があります。また、解除された個別使用予約においてキャンセル料が定められている場合、車両使用者は、当該キャンセル料を支払う義務を負います。
    10. 契約の変更
      車両提供者は、共同使用契約の有効期間中、オーナー設定条件を変更することができます。但し、共同使用料等の変更は、前条第4項に定める上限額の枠内でこれを行う必要があります。また、既に成立している個別使用予約に関しては、個別使用予約成立時点でのオーナー設定条件が適用され、その後にオーナー設定条件が変更された場合であっても、その影響を受けないものとします。
  3. 車両使用者は、車両提供者が登録済の共同使用車両について、共同使用を希望する場合、当社所定の方法により、指定アプリ上で、共同使用契約の申込みを行うものとします。車両使用者は、当該申込みの際に、予め当該共同使用車両についてのオーナー設定条件及び基本契約条件に同意する必要があります。なお、共同使用契約の申込みは、第17条に定める初回の個別使用予約の申込みと同時に行う必要があります。
  4. 共同使用契約は、第17条の定めに従い、初回の個別使用予約が成立した時点で成立します。なお、本サービス契約者は、第28条に定める指定アプリ上のチャット機能を通じて相互に連絡を取り合い、自己の責任と判断のもと、共同使用契約を締結するものとします。

第17条(個別使用予約)

  1. 車両使用者は、本サービスを利用し、既に共同使用契約を締結している車両提供者又は前条第3項に基づき共同使用契約の申込みを希望する車両提供者に対し、個別使用予約の申込みを行うことができます。
  2. 車両使用者は、車両提供者が第18条に基づき個別使用予約の受付不可能日を設定している場合には、その期間については個別使用予約の申込みを行うことはできません。また、車両提供者が、複数の車両使用者との間で共同使用を行う場合において、既に他の共同使用者から個別使用予約の申込みがなされている場合には、これと重複する使用時間を対象とする個別使用予約の申込みを行うことはできません。なお、個別使用予約に定める使用期間は、1回の個別使用につき最長で7日間とします。
  3. 車両使用者が個別使用予約の申込みを行うことを希望する場合、当社所定の方法により、指定アプリ上でこれを行うものとします。車両使用者は、当該申込みに際し、希望する使用開始・終了時刻その他当社所定の事項につき真実かつ正確なデータを入力のうえ、第30条第1項に定める支払手段を選択するものとします。また、車両使用者は、当該申込みに際し、第23条の定めに従い、損害保険契約の申込みを行う必要があります。
  4. 当社は、車両使用者による当社所定の事項の入力、損害保険契約の申込み、及び車両使用者が選択した支払手段が利用可能であることを確認した時点で、当該申込みの内容を車両提供者に対して通知します。当該通知の時点で、車両使用者による個別使用予約の申込みが完了します。
  5. 車両提供者は、前項に従い、個別使用予約の申込みの通知を受けた場合、指定アプリ上で、当該申込みの承諾の可否を入力するものとします。なお、車両提供者は、第18条の定めに従い設定した受付不可能日以外の日時について、個別使用予約の申込みを受けた場合(初回の個別使用予約の申込みとして共同使用契約の申込みを兼ねる場合を除きます)、当該日時において鍵の受渡が急遽不可能になった場合等、やむを得ない事情が無い限り、その承諾を拒否しないものとします。個別使用予約は、当該個別使用予約の申込みが、本項に従い車両提供者により承諾され、また第23条第1項に基づく車両使用者の損害保険契約への加入手続きが完了した場合に成立します。当社は、上記の条件の充足が確認できた場合、当該個別使用予約の成立(初回の個別使用予約の場合、共同使用契約の成立を含む)を車両使用者に対し通知します。個別使用予約(初回の個別使用予約の場合、共同使用契約の成立を含む)は、当社が当該個別使用予約の成立をお知らせするメッセージR若しくは電子メールを車両使用者に送信した時点、又は車両使用者の指定アプリ又上で当該個別使用予約の成立が確認可能となったいずれか先の時点で成立します。
  6. 個別使用予約の申込み(初回の個別使用の申込みの場合、共同使用契約の申込みを含む)は、当社所定の期間内に車両提供者により承認されない場合、当該期間の経過時をもって自動的に失効します。

第18条(受付不可能日の設定)

  1. 車両提供者は、第15条の定めに従い共同使用車両を登録した場合、当社所定の方法により指定アプリ上で個別使用予約の受付不可能日(以下「受付不可能日」といいます)を設定することができます。
  2. 車両提供者は、自ら共同使用車両を使用する予定がある場合や共同使用車両の受渡が困難である場合等、受付を拒否する正当な理由がある場合に限り、受付不可能日を設定するものとします。
  3. 車両提供者が、受付不可能日を設定しない場合、全ての日程が受付可能日として、車両使用者からの個別使用予約の申込みの対象となります。

第19条(補助運転者の指定)

  1. 車両使用者が自己以外の者に共同使用車両を運転させることを希望する場合、第17条に定める個別使用予約の申込み時に、当社所定の方法により当該運転者を指定し、車両提供者の承認を得る必要があります(以下、当該承認を得た運転者を「補助運転者」といいます)。
  2. 車両使用者は、共同使用車両を補助運転者に運転させる場合、次の各号の義務を遵守しなければなりません。
    1. 第23条第1項に従い、損害保険契約の被保険者として補助運転者を加入させること。また、車両使用者は、自己の責任により、補助運転者に対して損害保険契約の加入条件や補償内容等について適切に周知を行うこと。
    2. 車両使用者自身が同乗する場合以外に補助運転者に共同使用車両を運転させないこと(事故発生時その他やむを得ない場合を除きます)。
    3. 補助運転者に対して、本規約及び共同使用契約等により自己が負う責任を遵守させるものとし、補助運転者による当該義務の違反、法令違反その他事故等のトラブルにより車両提供者その他第三者が損害を被った場合、車両使用者が自ら当該損害を賠償する責任を負うこと。
    4. 補助運転者に対して、共同使用車両の運転に際して、名目を問わず金銭等を一切提供しないこと。

第20条(複数の車両使用者との共同使用契約)

  1. 車両提供者は、自己の同一の共同使用車両について、複数の車両使用者との間で共同使用を行うことができ、車両使用者は、予めこれを承諾するものとします。
  2. 車両提供者が、複数の車両使用者との間で共同使用を行う場合、当該共同使用車両についてのオーナー設定条件及び基本契約条件は、各車両使用者との共同使用契約において、それぞれ同条件にて等しく適用されるものとします。

第21条(個別使用予約の変更)

  1. 車両使用者は、本条の定めに従い、個別使用予約に係る使用期間の終了時刻を変更することができます。なお、車両使用者は、使用期間の開始時刻を変更することはできません。
  2. 車両使用者が、個別使用予約に係る使用期間の終了時刻の変更を希望する場合、指定アプリ上で当社所定の方法により変更の申込みを行うものとします。但し、使用期間の開始後は、使用期間の短縮に係る変更手続きのみを行うことができ、使用期間の延長をすることはできません。
  3. 前項に定める変更により、個別使用予約に係る使用期間が第23条に定める損害保険契約の保険責任期間に含まれなくなる場合、車両使用者は、再度当社所定の方法により第23条に定める損害保険契約への加入手続きを行う必要があります。
  4. 本条に定める変更の効力が生じるためには、当該変更の申込みが車両提供者に承諾される必要があります。なお、車両使用者が本項により使用終了時刻の変更を行わずに、当該時刻の経過前に共同使用車両を返却した場合でも、共同使用料の減額又は返還は行われません。
  5. 本条に定める変更の手続きが完了した場合、当社より各共同使用者に対して手続き完了の通知を行います。当該変更の成立時期は、第17条第5項の定めに準じるものとします。

第22条(個別使用予約の取消)

  1. 車両提供者又は車両使用者は、本条の定めに従い、個別使用予約を取消すことができます。車両提供者又は車両使用者が個別使用予約の取消を希望する場合、指定アプリ上で当社所定の方法によりこれを行う必要があります。なお、個別使用予約の取消には、相手方の承諾は必要ありません。但し、車両提供者が本項に従い、個別使用予約を取消すことができるのは、車両の損傷その他の緊急やむを得ない事情により、個別使用予約の内容に従った共同使用車両の受渡が困難になった場合に限られるものとします。
  2. 車両提供者又は車両使用者が、個別使用予約の取消を行った場合、加入済みの損害保険契約も自動的に取消されます。この場合でも、車両使用者は、第23条に従い当該取消の時点で発生した保険料相当額の支払義務を負います。
  3. 車両使用者が、当社が別に定める時間帯に個別使用予約の取消を行った場合で、当該個別使用予約においてキャンセル料に係る支払いが合意されている場合、当該取消を行った時点で、車両使用者に当該キャンセル料の支払義務が発生します。
  4. 本条に定める取消の手続きが完了した場合、当社より各共同使用者に対して手続き完了の通知を行います。当該取消の成立時期は、第17条第5項の定めに準じるものとします。
  5. 本条第2項及び第3項の規定は、第35条第1項又は第37条第4項の定めに従い個別使用予約が取消された場合についても同様に適用されるものとします。

第23条(損害保険契約への加入)

  1. 車両使用者は、個別使用予約の申込みを行う場合、その都度、当社所定の方法により、自己の責任で、保険会社が定める保険約款等に基づく損害保険契約に加入するものとします。当該損害保険契約は、車両使用者及び補助運転者(但し、第19条第1項に基づき補助運転者を指定する場合に限ります)を被保険者とし、当該個別使用予約に係る使用期間を保険責任期間に含むものである必要があります。
  2. 車両使用者は、損害保険契約に加入した場合、保険会社の保険約款等に定める保険料相当額を、当社に対して第30条に従い支払うものとします。車両使用者は当該保険料相当額を保険会社に直接支払うことはできません。
  3. 前項の規定に拘わらず、以下各号のいずれかに該当する場合、車両提供者は、以下各号に定める取消又は解約の時点で、前項に基づき車両使用者が当社に負担する保険料相当額の支払いに係る債務を、車両使用者から免責的に引き受けることに合意します。この場合、当社は、当該保険料相当額を車両提供者に対して請求するものとし、車両提供者は、別途当社が指定する支払方法により、当該保険料相当額を支払うものとします。なお、車両提供者が、別に当社の提供するサービス料金の支払方法として指定した決済方法がある場合には、当社は当該決済方法により、当該保険料相当額を車両提供者に請求することができるものとします。
    1. 車両提供者が、第22条第1項に基づき、使用開始時刻の経過後に個別使用予約の取消を行った場合
    2. 車両提供者が、第37条第2項に基づき、自己の責に帰すべき事由により当社により本サービス利用契約を解約された場合

第24条(共同使用者の遵守事項)

  1. 共同使用者は、共同使用に際して、次の各号に定める義務を遵守するものとします。
    1. 共同使用契約の内容を遵守すること。
    2. 共同使用者間で、車両の受渡時に、相互に運転免許証の原本を確認し、当該運転免許証の記載情報と本アプリ上で表示された相手方の情報を突合する等して、互いに本人確認を行うこと。当該本人確認の結果、相手方の本人確認に際して疑義が生じた場合は共同使用を行わないこと。また、共同使用者間での合意に基づき、運転免許証の写しを相手方に提供すること。
    3. 車両使用者の運転免許証が有効であり、車両使用者が適法に共同使用車両を運転する権限があることを確認すること。当該確認の結果、車両使用者が適法に共同使用車両を運転する権限を有しないことが判明し、またその疑いが生じた場合には共同使用を行わないこと。
    4. 車両提供者からの共同使用車両の受渡の際に、受渡を受けた車両が共同使用車両であること及び当該車両に係る自動車検査証が有効期間内であることを確認すること。当該確認の結果、本号に定める事実が確認できない場合、当該車両の共同使用を行わないこと。
    5. 共同使用者間で、受渡前に共同使用車両の傷その他車両状態の確認を行うこと。当該点検により故障や安全運転上の問題等が発見された場合、当該車両を共同使用しないこと。
    6. 本サービスを利用して、共同使用車両以外の車両を共同使用しないこと。
    7. 共同使用者間で、返却時に共同使用車両の傷、故障その他車両状態の確認を行うこと。当該確認により故障、問題等が発見された場合、共同使用者間で協議のうえ解決すること。
    8. 共同使用者間で、オーナー設定条件に定める共同使用料等の内容と異なる料金の支払いについての取り決めを行わないこと。また、車両提供者は、共同使用に関する費用として、当社が定める上限額を超過する料金を車両使用者に対して請求しないこと。
    9. 本サービスを利用して、道路運送法に違反する行為を行わないこと。

第25条(共同使用料等の支払い)

  1. 車両使用者は、個別使用予約において確定した共同使用料等を第30条に従い当社に対して支払うものとします。
  2. 車両使用者は、車両提供者に対し、共同使用料等を直接支払うことはできません。

第26条(共同使用料等に関する債権譲渡等)

    車両提供者は、前条に従い、当社が車両使用者に対し、共同使用料等の請求を行うために、以下各号の事項につき、保証し、また予め承諾するものとします。

    1. 車両使用者が、共同使用料等の支払手段として「ケータイ払い」を選択した場合には、当社が車両使用者に代わり、車両提供者に対し第27条の定めに従い共同使用料等の立替払いを行うこと。
    2. 車両使用者が、共同使用料等の支払手段として「クレジットカード払い」を選択した場合には、当該共同使用料等に係る債権を当社に対して、当該共同使用料等と同額で譲渡し、これを第27条の定めに従い精算すること。当該譲渡債権につき無効、取消、相殺、譲渡禁止特約等の抗弁事由を含む瑕疵が一切存在しないこと。また、車両使用者に対して有する共同使用料等に係る債権を第三者に譲渡しないこと。
    3. 共同使用者に対し、共同使用料等の請求を行わず、また車両使用者から直接共同使用料等の支払いを受けないこと。

第27条(プラットフォーム利用料)

  1. 車両提供者は、本サービスを利用して個別使用予約が成立した場合、プラットフォーム利用料として、当該個別使用予約において確定した共同使用料等に係る金額の10%に相当する金額を、当社に対して支払う義務を負います。
  2. 当社は、前項に定めるプラットフォーム利用料を自働債権とし、第26条第2号に定める債権譲渡の対価を受働債権とし、これら相殺した上で、その差額を本条に従い、車両提供者に支払うものとします。また、当社が第26条第1号に定める立替払いを行う際には、当社は、前項に定めるプラットフォーム利用料を差し引いた上で、共同使用料等を、車両使用者に代わり車両提供者に対し支払うものとします。
  3. 当社は、第1項に定める共同使用料等から本条第1項に定めるプラットフォーム利用料及び銀行口座への振込手数料(但し、振込手数料は本項に基づき車両提供者が振込先として銀行口座を指定した場合に限ります)を控除した金額(以下「車両提供者振込額」といいます)を毎月毎に算出し、車両提供者に対して、当月分の車両提供者振込額の総額とその受取方法について、その使用月(なお、個別の使用に係る使用期間が月跨ぎとなる場合、その使用期間終了日が属する月を使用月とし、第30条第1項において同様とします)の翌月中に、所定の方法により車両提供者に通知するものとします。車両提供者は、当該通知で定める受取方法から、ドコモ口座又は銀行口座からその振込先を指定するものとし、当社は、当社が別に定める時期までに、当該指定先の口座に振込むことより当月分の車両提供者振込額を支払うものとします。なお、ドコモ口座の利用条件は、当社が別に定めるドコモ口座利用規約に従うものとします。
  4. 当社は、車両提供者が誤った金融機関口座を振込先として指定したことによって生じた損害や不利益について、一切の責任を負いません。また、当社が別に定める期間内に、車両提供者が車両提供者振込額に係る振込先指定を行わなかった場合、又は車両提供者の責により振込ができなかった場合、当該期間の経過時点で、対象となる車両提供者振込額を受領する権利が消滅するものとし、車両提供者は、当社に対して一切異議を申立てないものとします。
  5. 当社は、弁済期の到来の前後に拘わらず、本規約に基づき当社が本サービス契約者に対し支払うべき料金と当社が本サービス契約者に対して有する債権とを相殺することができるものとします。
  6. 当社は、車両提供者が本規約の定めに違反した場合、車両提供者に対して何らの通知を行うことなく、直ちに第26条に定める立替払いを取消すこと、又は債権譲渡を解除することができます。この場合に、車両提供者が既に、本条の定めに従い共同使用料等を受領済みである場合、車両提供者は、別途当社の指定する期限までに、当社が指定する方法で、当該共同使用料等相当額を当社に対して返金するものとします。

第28条(チャット機能・評価機能)

  1. 本サービス契約者は、指定アプリ上でチャット機能を利用することができます。チャット機能は、指定アプリ上で、本サービス契約者間における共同使用契約等の締結及び履行のための連絡を行うための手段として提供されます。
  2. 当社は、本サービス契約者間の円滑な取引の支援、及び本規約に反する行為の防止のため、チャット機能を利用して行われる本サービス契約者間のメッセージ内容を確認することができるものとします。
  3. 共同使用者は、評価機能を利用して、所定の方法により、共同使用に関して相互評価を行い、ユーザレビューを投稿することができます。
  4. 当社は、本サービス契約者が評価機能を利用して投稿したメッセージその他情報を保存する義務を負うものではありません。
  5. 共同使用者が評価機能を利用して掲載したユーザレビューの情報は、指定アプリ及び指定ポータルサイト上で公開され、他の本サービス契約者や第三者がこれを閲覧することができます。当社は、当該情報が公開されたことにより、本サービス契約者に生じた一切の損害について、何らの責任を負わないものとします。
  6. 本サービス契約者により本規約に違反する又は当社がその他不適当と判断したメッセージ又はユーザレビューの投稿がなされた場合、当社は何時でもこれらを削除することができるものとし、本サービス契約者は、当社に対して一切の異議を申立てないものとします。

第29条(本サービス提供者の責任)

  1. 共同使用契約等は、共同使用者間で締結される契約であり、当社は、これらの契約の当事者とはなりません。そのため、共同使用契約等に関する問い合わせ、苦情、トラブル等(第三者との間で生じたトラブル等を含みます)は共同使用者間で直接解決いただくことが原則となります。
  2. 当社は、共同使用者間において円滑で健全な取引の実現を図るため、本サービスの適切な運営に努めます。当社は、本サービスを利用した円滑な取引が実施されていることを確認するため、自己の裁量により、本サービス契約者に対して、本サービスを利用して締結された共同使用契約等の内容や履行状況、事故又は法令違反時の対応状況その他共同使用者間で発生したトラブル等について情報(共同使用車両の管理や共同使用料の設定、事故若しくは法令違反発生時の処理又は解決に関する進捗等を含みますが、これらに限りません)の提供を何時でも要請することができ、この場合、本サービス契約者は、当社からの要請後遅滞なく、当社が求める情報、資料等を提出するものとします。本サービス契約者が、合理的な理由なく、当社が定める期間内に当該要請に応じない場合、当社は、第35条第1項又は第37条第2項に定める措置を取ることができます。
  3. 本サービス契約者は、共同使用契約等に関する問い合わせ、苦情、トラブル等(第三者との間で生じたトラブル等を含みます)の円滑な解決のために、以下の当社窓口に対して支援を求めることができます。この場合、当社は、可能な範囲での支援をさせていただきますが、いかなる場合であっても、当社は、これらを解決する責任を負わず、またこれらにつき具体的な支援を約束するものではありません。
  4. 株式会社NTTドコモ dカーシェアサポートセンター
    TEL : 0120-337-360
    受付時間 : 24時間365 日(年中無休)

第6章 料金の支払い等

第30条(料金の支払い)

  1. 本サービス契約者は、①第8条第1項及び第2項に定めるカーシェア利用料等、②第16条第2項第6号に定める共同使用料等、及び③第23条第2項又は第3項に定める保険料相当額(以下、これらを総称して「利用料金等」といいます)について、以下各号の方法により当社に対して支払うものとします。
    1. ドコモ払い
      ドコモ払いにより利用料金等を支払う方法です。ドコモ払いは、本サービス契約者がXi/FOMA契約を締結しており、かつspモード契約を締結している場合にのみご利用いただけます。本サービス契約者は、利用料金等について、契約約款等に基づき、「ケータイ払い」での「ケータイ払い商品等購入代金相当額」として請求されることを承諾していただきます。なお、本サービス契約者に対する請求は、(a) カーシェア利用料等については、その利用月(なお、個別のカーシェア利用期間が月跨ぎとなる場合は、その利用期間終了日が属する月を利用月とします。第31条において同様とします。)の翌々月、また、(b) 共同使用料等及び保険料相当額については、その使用月の翌月に、それぞれ請求されるものとします。
    2. クレジットカード払い(dカードも含む)
      当社が別途指定するクレジットカードの中から本サービス契約者が選択されたクレジットカードを利用して利用料金等を支払う方法です。分割払いはできません。本サービス契約者本人名義のクレジットカードに限ります(なお、プリペイドカード及びデビットカードはご利用いただけません)。この場合、本サービス契約者が利用したカード会社の指定する方法に従い、当該カード会社の定める時期に当該カード会社から本サービス契約者に対して利用料金等が請求されます。なお、本サービス契約者が利用するクレジットカードによっては、カーシェア事業者がカーシェア利用料等に係る債権を当社に譲渡し、当社がカード会社に再譲渡する場合があり、本サービス契約者は異議を留めることなくこれを承諾するものとします。
  2. 本サービス契約者は、第1項に定める利用料金等をクレジットカード払いにより支払う場合、以下各号の規定が適用されることを予め異議なく承諾していただきます。
    1. カード会社が定めるクレジットカード会員規約に基づき、本サービス契約者が当該クレジットカードに係る会員資格を喪失した場合、又はカード会社が、本サービス契約者がクレジットカード払いを利用して当社に支払うことを選択された代金の債権譲渡又は立替払いに応じず、若しくは当該債権譲渡又は立替払いを取消した場合、その他クレジットカード払いが承認されない場合、本サービス契約者による利用料金等に係るクレジットカード払いの利用は取消され、当社又はカーシェア事業者から直接請求される場合があるものとし、本サービス契約者は異議を留めることなくこれを承諾すること。
    2. 前号の定めにより当社が、本サービス契約者に対し直接請求する場合、当社が別に定める期日までに、当社が指定する支払方法により、当該取消の対象となる利用料金等を支払うこと。
  3. 当該クレジットカードを発行するカード会社に対して、クレジットカード払いに必要となる本サービス契約者の個人情報(クレジットカード番号、利用料金等の情報等)を通知すること。
  4. 本サービス契約者が、dポイントクラブ会員規約に定めるdポイントクラブ会員である場合、dポイントクラブ会員規約の定めに拘わらず、dポイント1ポイントを1円として1円単位で、本サービス契約者が保有するdポイントの全部又は一部を、以下各号のいずれかの料金のお支払に利用(以下「dポイント利用」といいます)することができるものとします。この場合、dポイント利用額に限り、本サービス契約者は当該料金の支払いを免れます。但し、保険料相当額のお支払にdポイント利用はできません。
    1. 第1項に基づき当社に対して支払うカーシェア利用料等のうち当社が別に定める料金
    2. 第12条第1項に定めるレンタカー事業者に対して直接支払うレンタカー利用料等のうち当社が別に定める料金
    3. 第1項に基づき当社に対して支払う共同使用料等
  5. (a)第7条第1項乃至第3項に基づきカーシェア利用予約若しくはカーシェア貸渡契約が変更又は取消された場合、(b)第11条第1項乃至第3項に基づきレンタカー利用予約が変更又は取消された場合、又は(c)第21条若しくは第22条に基づき個別使用予約が変更又は取消された場合のいずれかにおいて、本サービス契約者が前項に基づきdポイント利用による充当をご利用していた場合は、以下各号に定めるポイントについて、当社が別に定める時期に本サービス契約者に返還されるものとします。但し、当該返還時点で、(a)本サービス契約者がdポイントクラブを退会していた場合、又は(b) dポイント利用に充当されたポイントの有効期間が既に失効している場合を除きます。
    1. 変更の場合: 当該変更により、dポイント利用がなされた前項各号の料金が予約時から減額され、かつポイント充当額が当該減額後の料金を超過した場合に限り、当該超過分に相当するポイント。
    2. 取消の場合: 充当分のポイント。但し、当該取消により取消料又はキャンセル料等が発生した場合には、ポイント充当額が当該取消料等の料金を超過した場合に限り、当該超過分に相当するポイント。
  6. 第4項及び前項に定めるポイント利用に関する条件は、本規約に定める事項を除きdポイントクラブ会員規約に定めるものところによります。
  7. 本サービス契約者は、第4項に定めるdポイント利用のほか、当社が別に定めるところに従い、同項各号のいずれかに定める料金の支払に本クーポンを利用することができます。なお、当社は、本クーポンが利用可能の対象となるサービスを制限したり、又は本クーポンの利用に条件を付す場合があります。
  8. 指定アプリのダウンロード(バージョンアップ時を含みます)及びダウンロード後の通信(利用していないときにも自動的に通信されることがあります)に伴い発生する通信料は、本サービス契約者のご負担となります。

第31条(ドコモ払いに関する特則)

  1. 本サービス契約者は、前条第1項に定める利用料金等をドコモ払いにより支払う場合、spモードご利用規則の定めに関わらず、カーシェア利用予約の申込み又は個別使用予約の申込みの時点で、当該カーシェア利用予約等に基づき将来支払うべき全ての利用料金等(予約変更時の超過分料金や、第32条に定める違約金等を含みます)を、ドコモ払いにより支払うことに同意したものとみなします。
  2. 本サービス契約者は、将来時点での利用料金等の発生により、ドコモ払いのご利用限度額(spモードご利用規則に定める意味を有します)を超過する等ドコモ払いがご利用になれない場合に備え、予め別途当社の指定する方法により、決済不能額(ドコモ払いのご利用が認められなかった金額をいい、以下同様とします)に係る支払手段を選択することができます。本サービス契約者が、決済不能額に係る支払手段としてクレジットカード払いを選択する場合、本サービス契約者は、前条第2項各号の規定が適用されることを予め異議なく承諾するものとします。
  3. 本サービス契約者は、前項の定めに従い決済不能額に係る支払手段を選択しない場合、決済不能額を別途当社の定める期日までに、当社の指定する方法により支払うものします。

第32条(違約金等に関する特則)

本サービスを利用したカーシェア利用予約及びこれより成立したカーシェア貸渡契約に基づき、貸渡料金以外のカーシェア利用料等(以下「違約金等」といいます)の支払が発生した場合、当社におけるカーシェア事業者からの当該違約金等に係る料金請求データの受領時期によっては、カーシェア利用予約の申込みの時点で選択した支払手段(前条第2項に定める決済不能額に係る支払い手段を含む)により当該違約金等をお支払いただけない場合があります。この場合、本サービス契約者は、当社が別に定める期日までに、当社が指定する支払方法により当該違約金等を支払うものとします。

第33条(dポイントの進呈)

  1. dポイントクラブ会員である本サービス契約者が、本サービスを利用して成立した車両使用契約に基づき車両の使用を行った場合、以下の利用料金等について100円(税別)につき1ポイントのdポイントが本サービス契約者に進呈されます。進呈ポイント数を算定する際は最少単位を100円とし、100円未満は切り捨てるものとします。
    1. 第30条に基づき当社に支払いを行ったカーシェア利用料等のうち当社が別に定める料金
    2. 第30条に基づき当社に支払いを行った共同使用料(キャンセル料は除きます。また、保険料相当額はポイント進呈対象とはなりません。)
    3. 第12条第1項に基づきレンタカー事業者に対して直接支払いを行ったレンタカー利用料等のうち当社が別に定める料金
  2. 前項に基づくdポイントの付与時期は、当社が別に定めるものとします。
  3. 第1項に基づくほか、当社は、当社が自ら企画する本サービスにおける施策等により、dポイントクラブ会員である本サービス契約者に対してdポイントを進呈する場合があります。これらの施策等を実施する場合には、それぞれの内容の詳細は当社のホームページ等にて周知します。
  4. 本条に定めるdポイントの進呈及び進呈されたdポイントの利用に関する条件等は、本規約に定める事項を除き、dポイントクラブ会員規約の定めに従います。
  5. 本サービス契約者は、第1項に定める進呈ポイント数の算定及び付与のため、当社が、レンタカー事業者より、レンタカー利用料等に係る支払状況及び支払金額等に関する情報の提供を受けることを予め承諾します。

第7章 禁止事項

第34条(禁止事項)

本サービス契約者は、本サービスの利用にあたって、次の各号に該当する行為を行ってはならないものとします。

  1. 当社若しくは第三者(他の本サービス契約者又は貸渡事業者等を含みますが、これらに限りません。以下本条にて同じとします。)の知的財産権、プライバシーその他の権利若しくは利益を侵害する行為、又はそれらのおそれのある行為
  2. 当社若しくは第三者に不利益若しくは損害を与える行為、又はそれらのおそれのある行為
  3. 当社若しくは第三者の名誉若しくは信用を毀損する行為、又はそれらのおそれのある行為
  4. 公序良俗に反する行為若しくは公序良俗に反する情報を第三者に提供する行為、又はそれらのおそれのある行為
  5. 犯罪的行為、犯罪的行為に結びつく行為若しくは道路運送法等の法令に違反する行為、又はそれらのおそれのある行為(旅客自動車運送事業(タクシー事業)に類似する行為、共同使用の実態が自家用自動車有償貸渡業(レンタカー事業)に該当するおそれがある場合、酒気帯び運転、車内での盗撮行為等を含みますが、これらには限りません。)
  6. 自己以外の第三者のメールアドレスを利用する行為
  7. dアカウント等を不正に使用する行為
  8. コンピュータウイルス等有害なプログラムを、本サービスを通じて、又は本サービスに関連して使用し、若しくは提供する行為又はそれらのおそれのある行為
  9. 本サービスについて、改変若しくは改ざんを行い、又は逆コンパイル、逆アセンブル等のリバースエンジニアリング(主に、内容を解析して、人間が読み取り可能な形に変換することを指します)を行う行為
  10. 当社又は第三者のネットワークその他設備に対して過度な負担を与え、又は不正な動作をさせる行為
  11. 当社又は第三者の業務を妨害し、又は業務に支障を与えるおそれがある行為
  12. 商業目的又は営利目的のために本サービスを利用する行為
  13. 宗教的目的、出会い目的、その他本サービスの性質上不適切と当社が判断する目的で本サービスを利用し、又は本サービス以外のサービス、サイト等へ他のお客さまを誘導する行為
  14. 共同使用契約等の締結及び履行に必要な範囲を超えて、他の本サービス契約者の個人情報及びプライバシーに関する情報を入手又は利用する行為、その他当該情報を本人の承諾無く第三者に開示又は漏洩する行為
  15. 当社又は第三者に対して合理的な理由なくクレーム、請求等を行う行為
  16. 第40条第5項に定めるプロフィール情報の偽装等、第三者になりすます行為
  17. 虚偽又は真実ではない情報等を提供する行為(その誤認をさせるおそれがある行為を含みます)又は登録する行為
  18. 自ら又は他の本サービス契約者その他の第三者と通謀して、不正な目的のために本サービスを利用する行為
  19. 本サービスを通じて知った他のサービス契約者との間で、本サービスを利用せずに直接共同使用を行う行為
  20. 本規約に違反する行為
  21. その他当社が本サービスの提供上又は運営上不適当と当社が判断する行為

第8章 利用停止・廃止・解約

第35条(利用停止・中断等)

  1. 当社は、本サービス契約者が第37条第2項各号のいずれかに該当する場合には、当社の選択により、本サービス利用契約を解約することなく、本サービスの全部又は一部の機能の利用を停止することができるものとします。この場合、当該利用停止と同時に、本サービスを利用して成立した本サービス契約者のカーシェア利用予約、レンタカー利用予約及び個別使用予約は自動的に取消されるものとします。
  2. 当社は、本サービス契約者に対し、前項の措置に替えて、又は前項の措置とともに、期限を定めて当該事由を解消することを求めることができるものとします。但し、本項の定めは、当社が第37条第2項に基づき本サービス利用契約を解約することを妨げるものではありません。
  3. 当社は、次の各号のいずれかに該当する場合、事前に本サービス契約者に通知又は周知することなく、本サービスの全部又は一部の提供を中断又は停止することができるものとします。
    1. 機器、設備又はシステム等の保守上又は工事上やむを得ない場合
    2. 火災・停電等の事故、地震・洪水等の天災、戦争、暴動、労働争議等により、本サービスの運営ができなくなった場合
    3. システムの障害等により、本サービスの運営ができなくなった場合
    4. 災害の予防若しくは救援、交通、通信若しくは電力の供給の確保又は秩序の維持に必要な通信その他の公共の利益のために緊急を要する場合
    5. 貸渡事業者等からの申し出があった場合
    6. その他当社が運用上又は技術上本サービスの提供の中断又は停止が必要であると判断した場合
  4. 当社は、前項に基づく本サービスの全部若しくは一部の提供の中断又は前項に定める利用の制限等を計画している場合は、その旨を当社ホームページへの掲載その他当社が適当と認める方法により本サービス契約者に周知するものとします。但し、緊急やむを得ない場合は当該周知を行わないことがあります。

第36条(廃止)

当社は、当社の都合によりいつでも本サービスの全部又は一部を廃止することができるものとし、この場合、当社ホームページへの掲載その他当社が適当と判断する方法により、本サービス契約者に対してその旨を周知するものとします。

第37条(解約)

  1. 本サービス契約者は、当社が別に定める方法で解約の申込みをすることにより、本サービス利用契約を解約できます。この場合、本サービス契約者とカーシェア事業者との間の入会契約、他の共同使用者との間の共同使用契約は自動的に終了します。但し、本サービスを利用して成立した、(a)カーシェア利用予約又はレンタカー利用予約及びこれらにより成立した貸渡契約、並びに(b)個別使用予約に基づき進行中の取引がある場合、当該取引が完了するまで解約を行うことはできません。
  2. 当社は、本サービス契約者が次の各号のいずれかに該当すると当社が判断した場合、何らの催告を行うことなく、直ちに本サービス利用契約を解約できるものとします。
    1. 本サービス利用契約の申込内容が事実に反していることが判明した場合
    2. 利用料金等その他の当社に対する債務をその支払期限を経過しても、なおお支払いただけない場合
    3. 第4条第4項各号のいずれかに該当すると当社が判断したとき場合
    4. 当社の業務の遂行に支障を及ぼすおそれのある行為を行ったことが判明した場合
    5. 当社から連絡が取れない場合(届出メールアドレスへの電子メールの送信等による連絡を行い、相当の期間を定めて当該通知において指定する当社の連絡先に対して連絡を求めたにも拘わらず、当該期間内に当該連絡先に対して連絡が無い場合を含みます)
    6. 前各号のほか、本規約等のいずれかに違反し又はそのおそれがある場合
    7. その他当社が不適切と判断する行為を行ったことが判明した場合
  3. 当社が、第36条の定めに従い本サービスの全部を廃止した場合、本サービス利用契約は自動的に終了します。
  4. 本サービス利用契約が第2項又は第3項の定めるところにより終了した場合、当該終了と同時に、本サービスを利用して成立した本サービス契約者とカーシェア事業者との間の入会契約及び他の共同使用者との間の共同使用契約は自動的に終了し、またカーシェア利用予約、レンタカー利用予約及び個別使用予約も自動的に取消されるものとします。なお、本サービスを利用して成立したカーシェア貸渡契約又はレンタカー貸渡契約に基づき進行中の取引がある場合は、当該取引に関する限りにおいて本サービス利用契約が引続きその効力を有するものとします。

第9章 各当事者の責任

第38条(本サービス契約者の責任)

  1. 当社は、本サービス契約者に対して、各車両使用契約を締結するためのプラットフォームを提供するものにとどまり、いかなる場合においても車両使用契約の当事者とはなりません。そのため、本サービス契約者は、自己の責任と判断に基づき車両使用契約を締結するものとします。
  2. 本サービス契約者は、車両使用契約に基づき車両を使用する際には、本規約の他、車両使用契約の内容を十分に確認し、理解した上で、これを遵守するものとします。
  3. 本サービス契約者は、車両使用契約及びこれに基づく車両の使用に関し、他の契約当事者又は第三者との間でトラブル又は紛争等が発生した場合には、自己の費用と責任をもってこれを解決するものとします。
  4. 本サービス契約者は、車両使用契約に基づく車両の使用その他本サービスの利用に関し、法令違反等による罰金を課された場合、自己の費用と責任をもってこれに対処するものとします。当社は、これらにつき一切の責任を負いません。

第39条(当社の責任)

  1. 当社は、本サービス契約者がカーシェア事業者、レンタカー事業者又は他の本サービス契約者との間での円滑で健全な取引の実現を図るため、本サービスの適切な運営に努めます。当社は、当社が本サービスの適切な運営のために必要であると判断する場合には、本サービス契約者が本サービスのご利用にあたり登録したプロフィール情報(第40条第5項に定める定義によります)、共同使用車両に関する紹介文、その他本サービス契約者が投稿した情報を、本サービス契約者の許可を得ることなく削除する場合があります。
  2. 当社は、車両使用契約の当事者となりません。そのため、当社は、車両使用契約の成否、内容及び履行等につき一切の保証(車両使用契約の対象となる車両の完全性や有用性に関する保証を含みますが、これに限りません)を行うものではなく、またこれらにつき一切の責任を負いません。
  3. 当社は、本サービスの提供にあたっては、貸渡事業者等又は本サービス契約者によって登録された情報をそのまま指定アプリ又は指定ポータルサイト上に掲載するものであり、その内容の真偽、営業状況等について調査する義務を負わず、その内容について一切の責任を負いません。また、当社は、指定アプリ又は指定ポータルサイト上に表示するその他の情報の正確性、完全性、信頼性についても、それを保証するものではありません。
  4. 本サービスにおいて掲載されるユーザレビューは、本サービスをご利用される方の利便性向上のために提供されるものであり、当社は、ユーザレビューの内容が真実であること、第三者の名誉又は信用を毀損しないこと、第三者のプライバシーを侵害しないこと、公序良俗に反しないこと、犯罪を構成しないこと、第三者の知的財産権その他の権利を侵害しないこと、法令等に抵触しないこと等について一切保証するものではありません。
  5. 当社は、本サービスの全部若しくは一部の利用の停止、提供の中断若しくは停止又は提供の廃止等、本規約の変更、本条第1項に定める投稿情報の削除及び本サービス利用契約の解約等によって本サービス契約者が損害を被った場合でも、一切責任を負いません。
  6. 本サービス利用契約に関して当社が本サービス契約者に損害を賠償する場合、当該損害賠償の範囲は、通常生ずべき損害に限られるものとし、予見の有無に拘わらず、特別の事情によって生じた損害、逸失利益、弁護士費用は含まないものとします。また、本サービス利用契約に関して当社が本サービス契約者に損害賠償する金額は、①当該損害の発生した直近1ヶ月間に、本サービスを利用して成立したカーシェア貸渡契約、レンタカー貸渡契約又は共同使用契約のうち当該損害に関係する契約に基づき本サービス契約者が支払った金額の総額、又は②金500円のいずれか高い金額を上限とします。但し、 当社に故意又は重大な過失があった場合にはこの限りではありません。

第10章 一般条項

第40条(個人情報の取扱い)

  1. 当社は、本サービスの運営に関連して取得した本サービス契約者の個人情報を、次に掲げる目的その他当社が別に定める「お客様の個人情報に関するプライバシーポリシー」に掲げる目的で、当該目的達成に必要な範囲で利用します。
    1. 本サービスの提供のため
    2. 本サービスの有効性評価及び機能改善その他本サービスの品質向上のため
    3. 本サービスのご利用状況の計測・分析のため
    4. 本サービスのキャンペーン及び新サービスのご紹介並びに本サービスに関するアンケート調査のため
    5. 新サービスの開発、マーケティング活動のため
    6. 本サービス以外のサービスへの提供、及びこれらのサービスの開発・運営・機能改善及び品質向上のため
  2. 当社は、本サービス契約者によるカーシェア利用予約又はレンタカー利用予約の申込みの受付等を行う目的で、当該申込みに際してご入力いただいた本サービス契約者の個人情報を、貸渡事業者等に対して提供します。貸渡事業者等における本サービス契約者の個人情報は、貸渡事業者等が定める貸渡約款等に基づき取扱われるものとし、貸渡事業者等による個人情報の取扱いについては、本サービス契約者は貸渡事業者等に直接問い合わせるものとします。
  3. 当社は、第16条及び第17条に従い、車両提供者と車両使用者の間で共同使用契約が締結された場合、当該共同使用者間における契約当事者の確認のために、当該共同使用者の氏名、住所及び電話番号を相手方共同使用者に対し開示します。また、車両提供者が第15条第2項に基づき登録した同一の共同使用車両について複数の共同使用者の間で共同使用を行う場合、当該共同使用車両に係る全ての共同使用者の間で、各自が本サービスのご利用にあたり登録したプロフィール情報(本条第5項に定める定義によります)が相互に開示されるものとします。
  4. 本サービス契約者が当社又は貸渡事業者等に対して行った申告、要望その他の問合せが、それぞれ相手方のサービス提供範囲に関するものであったときは、当社及び貸渡事業者等は、その対応のために、双方が本サービス契約者から取得した申告内容又は情報を互いに提供し合う場合があります。
  5. 本サービス契約者が本サービスのご利用にあたり登録されたニックネーム、職業、性別、年代、自己紹介文及び画像(以下「プロフィール情報」といいます)、共同使用車両に関する情報その他当社が別に定める情報は、指定アプリ又は指定ポータルサイト上でその閲覧者(本サービス契約者に限りません)に対して公開されます。
  6. 当社は、本サービス契約者が、利用料金等の支払手段としてクレジットカード払いを選択した場合、本サービス契約者が入力したクレジットカード番号等の決済情報を他のドコモのサービスのご利用の際に利用する場合があります。
  7. 当社は、本サービス契約者から取得する個人情報を、個人を特定できない状態としたうえで、統計解析ツール等(Google Analytics等を使用しますが、これに限られません。なお、Google Analyticsの詳細は、http://www.google.com/policies/privacy/partners/をご参照ください。)を用いて解析し、調査、統計、又は本サービスの品質向上、他のサービス等の開発等の目的その他当社が有用又は適切と考える目的で利用する場合があります。また、当社は、個人を特定できない状態となった当該情報を上記目的のもとで、第三者に提供することがあります。

第41条(知的財産権等)

  1. 本サービス(指定アプリ及び指定ポータルサイトを含み、以下本条にて同じとします)に係る特許権、実用新案権、意匠権、商標権、著作権等の知的財産権その他一切の権利は、当社又は第三者に帰属します。本サービス利用契約の締結は、本サービス契約者に対してこれらに関する何らの権利を移転するものではなく、本サービス契約者は、本サービス利用契約に基づく本サービスの利用に必要な範囲に限って、本サービスを利用することができるものとします。
  2. 本サービス契約者は、自らが著作権等の必要な知的財産権その他の権利を有する情報、必要な権利者の許諾を得た情報、又は第三者による権利許諾の取得を必要としない情報のみを登録し又はユーザレビューとして投稿することができるものとします。
  3. 本サービス契約者が本サービス上で登録又は投稿した内容(共同使用車両の写真、体験シェア投稿及びユーザレビュー等を含みますが、これらに限りません。以下「ユーザ投稿内容」といいます)に係る著作権については、本サービス契約者又は本サービス契約者に利用の許諾を与えた権利者に留保されるものとしますが、当社は、ユーザ投稿内容に係る著作物を自ら無償で利用(当社が必要と判断する加工等を行うことを含み、以下同じとします)し、又は当社が指定する第三者をして無償で利用させることができるものとします。
  4. 本サービス契約者は、前項に基づく当社又は当社が指定する第三者によるユーザ投稿内容の利用について、当社又は当社が指定する第三者に対し、自ら著作者人格権を行使せず、またユーザ投稿内容の著作者をして著作者人格権を行使させないものとします。

第42条(債権譲渡の承諾)

当社は、本規約に基づき、本サービス契約者に対し有する債権を、必要に応じ、NTSアシスト株式会社(以下「NTSアシスト社」という)に譲渡する場合があります。本サービス契約者は、かかる債権譲渡に伴って本サービス契約者に関する情報を当社からNTSアシスト社に開示することについて、予め異議を留めることなく承諾するものとします。

第43条(通知)

  1. 当社が本サービス契約者に対して行う通知は、本サービス契約者が登録したメールアドレスへの電子メールによる通知、メッセージRによる通知、アプリプッシュ通知機能を利用した通知、指定ポータルサイト上への掲載その他当社が適当と判断する方法により行うことができるものとします。
  2. 前項に定める方法による本サービス契約者への通知は、当社が当該通知を発した時点、又は当社が当該通知内容を本サービスサイト上に掲載した時点をもって、当該通知が本サービス契約者に対してなされたものとみなします。

第44条(変更の届出)

  1. 本サービス契約者は、第4条第3項に定める場合の他、氏名、住所、電話番号、電子メールその他の本サービスに関する当社への届出内容に変更があった場合は、速やかに所定の方法により当社に届け出るものとします。なお、届出内容に変更があったにも拘わらず、当社に届出がない場合(届出後、当社がその変更内容を確認できるまでの間を含みます。)、本規約に定める当社からの通知については、当社が本サービス契約者から届出を受けている連絡先への通知をもってその通知を行ったものとみなします。
  2. 前項の届出があった場合、当社は、その届出のあった事実を確認するための書類の提示又は提出を本サービス契約者に求める場合があり、本サービス契約者はこれに応じるものとします。

第45条(反社会的勢力の排除)

  1. 本サービス契約者は、次の各号のいずれか一にも該当しないことを表明し、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し、保証するものとします。
    1. 自らが、暴力団、暴力団員、暴力団員でなくなった時から5年を経過しない者、暴力団準構成員、暴力団関係企業、総会屋、社会運動等標ぼうゴロ又は特殊知能暴力集団等その他これらに準じる者(以下総称して「暴力団員等」といいます)であること。
    2. 自ら若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって取引を行う等、暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること。
    3. 暴力団員等に対して資金等を提供し、又は便宜を供与する等の関与をしていると認められる関係を有すること。
  2. 本サービス契約者は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれか一にでも該当する行為を行わないことを保証するものとします。
    1. 暴力的な要求行為
    2. 法的な責任を超えた不当な要求行為
    3. 取引に関して、脅迫的な言動をし、又は暴力を用いる行為
    4. 風説を流布し、偽計を用い、又は威力を用いて、当社の信用を毀損し、又は当社の業務を妨害する行為
    5. その他前各号に準ずる行為

第46条(残存効)

本サービス利用契約が終了した後も、第30条(料金の支払い)、第37条(解約)第4項、第38条(本サービス契約者の責任)、第39条(当社の責任)、第40条(個人情報の取扱い)、第41条(知的財産権等)第3項及び第4項、第42条(債権譲渡の承諾)、本条、第48条(権利譲渡等の禁止)、第49条(合意管轄)及び第50条(準拠法)の定めは、なお有効に存続するものとします。

第47条(規約の変更)

当社は、当社の判断により、本サービス契約者への通知又は周知なく、本規約の一部を変更する場合があります。この場合、本サービスに係る利用条件は、変更後の本規約によるものとします。

第48条(権利譲渡等の禁止)

本サービス契約者は、本サービス利用契約に基づき当社に対して有する権利又は当社に対して負う義務の全部又は一部を第三者に譲渡し、承継させ、又は担保に供することはできません。

第49条(合意管轄)

本サービス契約者と当社との間で本規約に関連して訴訟の必要が生じた場合、東京地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします。

第50条(準拠法)

本サービス利用契約の成立、効力、解釈及び履行については、日本国法に準拠するものとします。

附則(平成29年11月8日)
本規約は、平成29年11月8日から実施します。

附則(平成29年12月15日)
この改定規約は、平成29年12月20日から実施します。

附則(平成30年3月22日)
この改定規約は、平成30年3月29日から実施します。

アプリをダウンロードで、「キーはもう、あなたの手のひらに。」

dカーシェア アプリアイコン

  • App Soreからのダウンロード
  • Google Playから手に入れよう
「利用規約」のページです。ドコモが提供するカーシェアリングサービス、dカーシェア。カーシェア・マイカーシェア・レンタカーが集約されているので、豊富な車種をシェアすることができます。dカーシェアは「初期費用・月額無料」「最短5分で予約可能」「dポイントがたまる・つかえる」とお得ずくめのサービスです。