ドライブついでに楽しめる、初心者もOKの山 vol.3「宝登山」

ドライブついでに楽しめる、初心者もOKの山 vol.3「宝登山」

2018.8.13

宝登山ってどんな山?

宝登山(ほどさん)は、埼玉県秩父郡長瀞町にある、標高497.1mの山。山麓駅から山頂駅までの全長832mを結ぶ宝登山ロープウェイを利用すれば、約5分で山頂付近まで到達できます。長瀞八景の一つ「桜と梅と宝登の山」にも指定されている、言わずと知れた長瀞の名山です。

おすすめポイント

①お手軽ロープウェイ登山で、秩父山塊を一望!

低山ながらも眺望豊かなところが、宝登山の魅力の一つ。山頂からは秩父の町並みや秩父連山・浅間連山を一望できます。ロープウェイを利用すれば往復わずか10分程度で行き来できてしまうので、ベンチに座ってのんびりランチも楽しめます。

②四季折々の花が咲き乱れる華麗な山

梅、臘梅(ろうばい)、桜、シャクナゲ、福寿草、ツツジ……。宝登山には、四季を通じ様々な花が咲き乱れます。なかでも、ロープウェイの山頂駅から5分ほど歩いたところにある「臘梅園(ろうばいえん)」「梅百花園(うめひゃっかえん)」は必見。それぞれ、12月下旬~2月下旬、2月上旬~3月下旬が例年の見頃です。

臘梅園には、約800株(約3,000本)、「素心」「和臘梅」「満月」の三種類の臘梅が咲き乱れる

関東一品種の多い梅園として知られる梅百花園。早咲きの冬至(とうじ)や寒紅梅(かんこうばい)、月の三銘花(満月・田毎の月・滄溟の月)など約170品種が集められている

4月上旬〜中旬にかけての桜も見事。長瀞駅周辺や宝登山神社へ向かう参道沿いに約三千本余に及ぶソメイヨシノが咲き誇る様子は非常に見応えがあり、「日本さくら名所百選」にも選ばれているのも頷けます。

③秩父を代表するパワースポット「宝の山」としても有名

かつて山岳信仰が盛んだった秩父には、古くから各地に神社が鎮座していました。宝登山の麓にある宝登山神社はその一つで、三峯神社、秩父神社と並び「秩父三社」と称されています

創立西暦110年の宝登山神社

宝登山を訪れたら、ぜひ「奥宮(おくのみや)」にも足を運んでみましょう。ロープウェイを使うもよし、登山口から自分の足で目指すもよし。本殿に加えて、ここ奥宮にもお参りすれば、さらにパワーをもらえるかもしれません。

神聖で厳かな雰囲気に包まれて、身も心もリフレッシュ

おすすめルート

宝登山ハイキングコース

ロープウェイを使わずに宝登山麓駅から歩いて山頂を目座す、3.3キロのハイキングコース。標準タイムは登り1時間10分、下り50分ですが、季節の花や森林浴を楽しみながらマイペースで楽しみたいですね。気分や体調に合わせて往路復路のどちらかだけロープウェイを利用してみるのもいいでしょう。

山を登るときはYAMAPを使ってみよう

「YAMAP」は、電波の届かない山の中でもスマートフォンのGPSで自分の現在地と登山ルートが確認できる、無料の人気No.1登山地図アプリ。登山の記録(軌跡、写真、歩行距離、獲得標高、通ったポイントなど)を、FacebookやTwitterなどと連携して投稿することもできます。

今回参考にした活動日記:https://yamap.com/activities/2039433(あみすけさん)

宝登山の地図(YAMAP):https://yamap.com/maps/1791

登山について何も分からないという方はこちらのページをご参考ください。
初心者向け登山教室:https://beginner.yamap.co.jp/

アクセス

駐車場

登山口最寄り:宝登山麓駐車場
ロープウェイ山麓駅まで徒歩2分
駐車台数:320台
駐車料金(1日):普通乗用車500円、マイクロバス1,500円、大型バス1,500円

詳細はこちら:http://hodosan-ropeway.co.jp/access/

関連リンク

https://carshare.dmkt-sp.jp/column/mt001.html
https://carshare.dmkt-sp.jp/column/mt002.html

関連リンク

アプリをダウンロードで、「キーはもう、あなたの手のひらに。」

dカーシェア アプリアイコン

  • App Soreからのダウンロード
  • Google Playから手に入れよう
「ドライブついでに楽しめる、初心者もOKの山 vol.3「宝登山」」のページです。ドコモが提供するカーシェアリングサービス、dカーシェア。カーシェア・マイカーシェア・レンタカーが集約されているので、豊富な車種をシェアすることができます。dカーシェアは「初期費用・月額無料」「最短5分で予約可能」「dポイントがたまる・つかえる」とお得ずくめのサービスです。