茨城のドライブスポットはひとりでもデートでも家族で行っても楽しい!

茨城のドライブスポットはひとりでもデートでも家族で行っても楽しい!

2018.1.18ドライブ

美しい自然やおいしいグルメが豊富で、都心から日帰りで行くことができる茨城には人気のドライブスポットがたくさんあります。デートはもちろん、ひとりで行っても家族で行っても楽しめる場所が目白押しです。その中から、特におすすめのドライブスポットをご紹介します。

景色にグルメ!日帰りでも楽しめるスポット

袋田の滝

袋田の滝は、久慈川の支流である滝川にかかる高さ120メートル、幅73メートルの大きな滝です。日本三名瀑のひとつに数えられ、その昔、西行法師が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」とその美しさを讃えたことで有名です。

その言葉の通り、春は新緑、夏は涼しさ、秋は紅葉、冬は雪と四季折々に違った表情の滝を楽しむことができます。四段の岸壁を落ちる水の流れはときに美しく、ときに激しくさまざまに姿を変えて訪れる人を楽しませてくれます。

滝を間近で鑑賞したいときには袋田の滝トンネルがおすすめです。トンネルの奥には観瀑台があり、迫力のある滝の姿を子どもからお年寄りまで安全に鑑賞することができます。また、トンネル内にはイルミネーションが飾られ、吊り橋に出ることもできるので、デートにもおすすめです。

  • 施設名:袋田の滝
  • 営業時間(袋田の滝トンネル):8:00〜18:00(5月〜10月)、9:00〜17:00(11月〜4月)
  • 住所:茨城県久慈郡大子町袋田3-19
  • 問合せ先:袋田観瀑施設管理事務所(TEL:0295-72-4036)
  • 料金(袋田の滝トンネル):大人 300円、小人 150円
  • 駐車場:あり
  • URL:https://www.ibarakiguide.jp/db-kanko/fukuroda_falls.html

国営ひたち海浜公園

国営ひたち海浜公園は、ひたちなか市にある都市公園です。園内は花と緑にあふれ、敷地内の「みはらしの丘」からは、すぐそばにある太平洋を見渡すことができます。

みはらしの丘は、春にネモフィラの青い花が一面に咲き乱れることから「ネモフィラの丘」として有名です。しかし、それ以外の季節にも四季折々の花が訪れる人たちを楽しませてくれます。

園内は7つのエリアに分かれ、それぞれのエリアで美しい景色、レジャーやスポーツ、ショッピングやグルメなど、幅広い楽しみ方ができます。広いエリアを移動するにはシーサイドトレインやレンタサイクルがおすすめです。

観覧車やジェットコースターなどのアトラクション、ゴルフコース、バーベキュー施設や茨城県産の食材が味わえるレストランもあるので、デートはもちろん大人数でも一日中遊べるスポットです。アトラクションの中には大人が付き添えば0歳からでも楽しめるものもあるので、小さいお子さん連れのご家族にもぴったりです。

  • 施設名:国営ひたち海浜公園
  • 営業時間:
    9:30〜17:00(3月1日〜7月20日、9月1日〜10月31日)
    9:30〜18:00(7月21日〜8月31日)
    9:30〜16:30(11月1日〜2月末日)
  • 住所:茨城県ひたちなか市馬渡字大沼605-4
  • 問合せ先:国営ひたち海浜公園 ひたち公園管理センター(TEL:029-265-9001)
  • 利用料:大人 410円、シルバー(65歳以上) 210円、小人 80円
  • 駐車場:あり
  • URL:http://hitachikaihin.jp/

大洗海岸

大洗海岸は日本三大民謡「磯節」で知られる景勝地で、茨城県最大級のビーチリゾートです。日の出の美しいスポットとしても知られ、特に元旦には初日の出を拝むために多くの人々が訪れます。

夏は海水浴客で賑わい、それ以外の季節にも釣りやマリンスポーツ、地引き網体験などのアクティビティを楽しむことができます。

海岸周辺には、大洗の新鮮な海の幸を味わうことができる飲食店、魚の干物や地物野菜、地酒などの名産品を扱うショップが数多くあるので、お気に入りの品を探す面白さもあります。

大洗海岸の近くにはイルカショーやペンギンショーなどが楽しめるアクアワールド茨城県大洗水族館、大洗が舞台となったアニメ「ガールズ&パンツァー」にも登場した大洗磯前神社など、有名な観光スポットがたくさんあります。ドライブの途中で寄り道してみるのもいいかもしれません。

  • 施設名:大洗海岸
  • 住所:茨城県東茨城郡大洗町磯浜町地先
  • 問合せ先:大洗観光協会(TEL:029-266-0788)
  • 料金:無料
  • 駐車場:あり
  • URL:http://www.oarai-info.jp/play/play.htm

デートにおすすめ!夜景がきれいなスポット

筑波山

筑波山は、日本百名山にも数えられる山で、その美しさから「西の富士、東の筑波」と呼ばれ親しまれてきました。男体山と女体山のふたつの峰から成り立っています。

日本百名山の中では標高が最も低く、ケーブルカーやロープウェイもあるので比較的気軽に登山やハイキングを楽しめる山です。

筑波山には1,000種以上の植物が群生しており、国定公園にも指定されています。多種多様な植物が織りなす景色は季節によって違った表情を見せ、訪れる人々の目を楽しませています。山の中腹から上は筑波山神社の境内になっています。筑波山神社は古くから縁結びの神として有名で、多くの人が参拝に訪れています。

山頂は関東平野を一望できる夜景スポットとして人気があります。期間限定ではありますが、夜に運行されるロープウェイで夜景の中の空中散歩を楽しむこともできます。カップルで筑波山の自然を満喫した後は筑波山神社にお参りし、夜景をゆっくり楽しむというデートコースはいかがでしょうか。

  • 施設名:筑波山
  • 営業時間(ケーブルカー、ロープウェイ):9:20〜16:40(平日)、8:40〜17:00(土日祝日)
  • 住所:茨城県つくば市筑波
  • 問合せ先:筑波観光鉄道株式会社(TEL:029-866-0611)
  • 料金(ケーブルカー):大人 片道580円 往復1,050円、小児 片道290円 往復530円
  • 料金(ロープウェイ):大人 片道620円 往復1,110円、小児 片道310円 往復550円
  • 駐車場:有
  • 公式サイト:http://www.mt-tsukuba.com/

砂山都市緑地

砂山都市緑地は、千葉県との県境付近の鹿島エリアにある夜景スポットです。もともと津波避難場所として砂を盛って作られた場所でしたが、2014年に遊歩道や階段の照明が整備され、夜でも気軽にアクセスできるようになりました。

眼下には鹿島臨海工業地帯が広がり、敷地内の展望台からは近未来感あふれる工場夜景の眺めを楽しむことができます。鹿島石油や三井化学などのプラントをちょうどいい距離で眺めることができるうえに、高台から工業地帯を広範囲に見渡せる随一のスポットで、多くの工場夜景ファンが訪れています。

駐車場には自動販売機やトイレも設置されているので、ゆっくりと夜景を眺めることができます。深夜、ひとりでふらりと訪れて工場夜景を眺めたり、写真を撮ったりするのも楽しいですし、ひと味違った夜景を楽しめるデートコースとしてもおすすめです。

  • 施設名:砂山都市緑地
  • 営業時間:なし
  • 住所:茨城県神栖市東和田21-2
  • 問合せ先:神栖市役所施設管理課(TEL:0299-90-1153)
  • 料金:無料
  • 駐車場:有
  • URL:http://www.city.kamisu.ibaraki.jp/7875.htm

山と海の両方に恵まれた茨城はドライブスポットにも多彩な魅力があります。美しい自然を満喫したり、地元の名産品を味わったり、夜景をゆっくり眺めたり、楽しみ方はさまざまです。ひとりで気が向いたとき、デートや家族旅行の行き先に迷ったときは茨城にドライブに出かけてみてはいかがでしょうか。

※本記事の画像はすべてイメージです。


茨城のホテル・旅館の予約ならdトラベル!

  空室・価格をチェック

関連リンク

アプリをダウンロードで、「キーはもう、あなたの手のひらに。」

dカーシェア アプリアイコン

  • App Soreからのダウンロード
  • Google Playから手に入れよう
「茨城のドライブスポットはひとりでもデートでも家族で行っても楽しい!」のページです。ドコモが提供するカーシェアリングサービス、dカーシェア。カーシェア・マイカーシェア・レンタカーが集約されているので、豊富な車種をシェアすることができます。dカーシェアは「初期費用・月額無料」「最短5分で予約可能」「dポイントがたまる・つかえる」とお得ずくめのサービスです。